仕事を決める環境

一昔前までは、仕事は資格がなくてもやる気でカバー出来る時代がありました。
ですが現代ではそのようなことはありません。
仕事が出来るという証明が必要な時代になっていて、また早くから資格などを取得するような教育も進んでいます。
今ではやりたい仕事、したい仕事を早くに決めて、高校卒業後にはその目標に向かって進めるような状況になってきているのです。
その反面、大学などでは専門的な知識や技術を中心とした勉強を進めていますし、社会に出て困らないような環境が整ってきているように感じます。
仕事の種類も豊富になり、特に医療関係やIT関係は相変わらずの人手不足です。
IT関連では技術が進むたびに新しい職種が生まれますので、希望の仕事に就くことが出来ても勉強を怠ることは出来ません。
これはこれで大変ですが、早いうちから仕事への目標を持つことで勉強する意味がありますし、意欲も湧いてくるのではないかと思います。

ITではエンジニアの入れ替わりが早く、常に求人を目にします。
近年ではインフラ整備のためのエンジニアや、サーバエンジニアなどが企業にとって需要が高くなっています。
サーバエンジニアの仕事は大変ですが、しっかりと基礎の知識や技術を積むことで対応が出来ます。
ただ、経験が足りない分は勉強で補えるものではありませんので、素直な目で物事を捉えることが大切です。
レンタルのサーバを利用している企業もありますが、顧客情報の管理に厳しい企業では自社内にサーバを設置することがありますので、企業内での常駐勤務になると思います。
仕事に変化が欲しい人には企業内で常駐の仕事は物足りなく感じるかもしれませんが、その引き換えが生活の安定なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です