早く進路を決める意味

今の高校生は入学した頃に進路をおおよそ決めなくてはいけないようです。
遅くとも2年生の夏には、進路が決まっているといいます。
これは進学をするにしても就職をするにしても、早いうちから準備が必要な社会になっているからです。
今は資格の時代です。同じように仕事が出来ても、同じように知識があっても、同じように技術があっても、資格がある人とない人とでは資格を持っている人を優先するのが社会の仕組みです。
同じ成績、評価の人間がいたとして、どちらかを選ばないといけないといった状況になった場合、人間性を優先する企業は少なく、多くの場合は資格などの有無で決定するようです。
ですから、早くから資格などを取得するように学校でも進めているのだと思います。

何より学習するには若いうちの方が良いのです。
自動車の運転免許などでもよく言われますが、資格を取得するのには年齢の分だけ時間がかかるそうです。
何事も早いうちに済ませておくと、後が楽ですし先の方向を考えた時に動きやすくなります。
近年人気の高いサーバエンジニアなどは、すぐにその職に就くことが出来ることは稀で、多くの場合は簡単な仕事から経験を積んでから検討されることが多いようです。
トラブルがあった時に、素早く対応が出来ないといけない仕事なので、それなりに経験が必要だということなのでしょう。
仕事をしながら資格を取得するのは大変です。時間のやりくりが一番大変かもしれません。
ですから、仕事に就く前に資格を取得しておくというのは、とても理にかなった方法であると思います。
進路は出来るだけ早くに決める。そしてその為の努力をするということが、今の社会には必要なのだと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です